事故後の大きなハードルとなるのが保険会社との交渉

交通事故の対応は弁護士にお任せするのがベストです

交通事故は人生で何度も経験することではありません。ですから、その後の対応についてわからない点や不安な点も多いと思います。交通事故の対応は弁護士に依頼するのがおすすめです。それでは事故の対応を弁護士に依頼するメリットについて紹介します。
【事故の相手とのやり取りから解放される】
交通事故の巻き込まれると自分と相手が加入している保険会社とのやり取りが発生します。忙しい中、保険会社との慣れないやり取りは非常に煩わしく面倒くさいものです。保険会社も商売ですので、治療費、慰謝料の支払いを少しでも減らそうとすることでしょう。事故対応のプロである保険会社に対し、私たちは事故に関しては全くの素人ですから、交渉は非常に分が悪く、不安に思う方も多いと思います。そんな時弁護士に事故処理を依頼すれば、保険会社とのやり取りをすべて任せる事ができます。そして弁護士は依頼人である私たちのメリットを最大限に考えて交渉してくれるので、安心してお任せすることができます。
【賠償金が大幅に増額する】
交通事故の被害者になってしまった場合、きちんと満足のいく賠償してもらえるかが最大のポイントです。しかし保険会社の賠償基準は、正当な保証金額に対して相当低く設定されている場合がほとんどです。その点弁護士に依頼すれば、裁判所が認定する正当な補償金額を請求してくれるため、賠償額が増額するケースがほとんどであると言われています。

損害場少額の算出方法

交通事故に遭うと、通常は加害者の保険会社と被害者の間で示談交渉が行われます。保険会社がすべての損害を補償してくれると思っていると、後で後悔することがあります。
【損害賠償の範囲】
交通事故における損害賠償の中には、実際にかかった治療費や入院費以外にも、精神的苦痛に対する慰謝料や仕事を休んだことによる休業損害、また後遺障害が残っていれば、将来の逸失利益なども含まれます。
【損害賠償額】
損害賠償額を算出するには専門的な知識が必要なため、素人の被害者は保険会社の提出額を鵜呑みにせざるを得ないのが実態です。ただ、同じ損害賠償でも、保険会社との示談による和解額と、裁判による判決で下された金額では、大きな開きがあります。例えば、被害者が後遺障害9級に認定されると、裁判所の基準における後遺障害慰謝料は最大で670万円になっていますが、保険会社から提示される金額は300万円程度でしかありません。また、入院期間が5ヶ月、通院期間が10ヶ月の傷害を受けた場合だと、裁判所では最大で343万円の慰謝料を認めていますが、示談交渉では160万円程度しか保険会社は提示してきません。
【弁護士に依頼】
交通事故で被害に遭った場合は速やかに弁護士に相談するのが賢明です。弁護士であれば、過去の判例を基にして適切な損害賠償額を算出し、保険会社との交渉に当たってもらえます。そして、被害者にとって最善の策を尽くしてくれます。

新着記事リスト

2018年06月28日
事故後の大きなハードルとなるのが保険会社との交渉を更新しました。
2018年06月28日
転ばぬ先の杖になる法律の専門家を更新しました。
2018年06月28日
賠償額を決める基準は実はひとつではないを更新しました。
2018年06月28日
行き詰った時でも弁護士は心強い味方になってくれるを更新しました。

Copyright(C)2018 交通事故で適切な賠償金を手にしたいなら弁護士の助力が不可欠 All Rights Reserved.