賠償額を決める基準は実はひとつではない

交通事故の被害者は交渉を弁護士に任せればスムーズに進む

交通事故の被害にあってしまった場合には、自分でどのように対処していいかわからないこことが多いでしょう。特に重い事故の時は、賠償金や慰謝料を満足いく形で受け取る必要がありますが、保険会社の提示した額では納得できないこともあるかもしれません。保険会社は、保険会社自身の基準で保証を行いますから、実際の事故の程度と賠償金の額に釣り合いがとれていないこともあります。そこで、弁護士に依頼することによって交通事故後の交渉を有利に進め、場合によっては大幅な賠償金の増額が達成できる可能性が期待できます。
弁護士は保険会社の基準ではなく、裁判所の基準で交渉していくため、より正当な形の賠償額を勝ち取ることが可能です。そして弁護士に依頼すれば全て任せきりにすることができるため、加害者側との示談交渉もすべて弁護士が行うことになります。個人で交渉すれば割に合わない条件を飲まされる可能性もありますが、法律知識に精通した弁護士が交渉に当たればその危険性を回避できます。
また加害者側が弁護士を採用している場合は、なおさらこちらも弁護士に依頼して交渉しなければ不利な条件で納得させられる場合があります。依頼する弁護士に関しては、まず無料相談で話を聞いてもらうところから始めるとよいでしょう。保険会社の提示した額よりも増額が見込まれ、弁護士費用を差し引いてもプラスになる状況であれば、弁護士に一任することで交渉の煩わしさや不当な条件を回避できるメリットは大きいです。

交通事故の被害者は弁護士に依頼すれば賠償金のアップが見込める!

車社会の現代では、誰でも交通事故の被害者になってしまう可能性があります。交通事故の被害にあって生じた損害は、基本的には過失割合に応じて、加害者(加害者が任意保険に加入していればその保険会社)から賠償を受けることができます。
交通事故の損害賠償額の算定には、自賠責保険、任意保険、裁判(弁護士)の3つの基準があります。3つの基準のうち、自賠責保険の基準が一番低く、裁判(弁護士)基準が一番高くなります。通常、弁護士に頼まないと、治療などが終わった段階で、相手の保険会社から賠償金について提示があります。この相手の保険会社が提示してくる賠償金額は、多くの場合、3つの基準のうち、中間の任意保険会社の基準となります。
弁護士に依頼すれば、裁判(弁護士)基準をもとに賠償額を交渉することになるので、任意保険会社基準の提示額より、賠償額をアップさせることが期待できます。裁判(弁護士)基準は、過去の裁判例を参考にした基準で、裁判となればこの基準をもとに賠償額が決められることになります。
相手の保険会社は、裁判まではしたくないと考えるので、弁護士が介入すれば、多くの場合は裁判(弁護士)基準に近い賠償額の増額に応じます。最近では、弁護士費用を保険で支払うことができる弁護士費用特約が多くの保険に付いています。
もし、自分が加入している保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用を負担することなく、弁護士に依頼することができ、賠償額のアップも見込ます。

新着記事リスト

2018年06月28日
事故後の大きなハードルとなるのが保険会社との交渉を更新しました。
2018年06月28日
転ばぬ先の杖になる法律の専門家を更新しました。
2018年06月28日
賠償額を決める基準は実はひとつではないを更新しました。
2018年06月28日
行き詰った時でも弁護士は心強い味方になってくれるを更新しました。

Copyright(C)2018 交通事故で適切な賠償金を手にしたいなら弁護士の助力が不可欠 All Rights Reserved.